FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級が持ってくる就職のチャンスたち

FP2級も難易度の壁があることはあって、低くないような高くないような・・・
でも優秀な講座を使ってわりのいい勉強をすれば、最短のコースで受かることができます。AFPも一緒にとることだってできます・・・
FP2級もAFPも最短の時間で受かったら?その先には就職での活用が待ち受けていますよね。

FP2級はやっぱり、金融や経済のことを取り扱う仕事、それも顧客の相談を受けてアドバイスをしたり提案をしたりするのが仕事です。
FP2級の有資格者は、私のように金融関係の仕事をするところ(銀行とか証券会社とか)に入ることが多いしあとは保険の業界へ入る人も多いですね。建築や建設・それから不動産の世界も最近はFP2級の資格を評価しますから就職が多くなっているそうです。

ここでもう少し、あまり有名じゃないですけどFP2級の資格を持って就職できそうな世界をご紹介しときましょう!

・事務所関係

会計事務所や税理士の事務所はFPを使うことがあります。それにちょっと地味ですが社会保険労務士のような事務所もFPを使うことがあるそうです。

・医療や福祉の業界

これはFP2級資格だけで就職をするという例は少ないようですけど、FPの知識がないと患者や要介護者、ひいては施設のお金の問題を解決できない時流になっているため出番があるようですね。

・自治体や官公庁関係、労働組合等

個人のお金の問題が、制度の改革で複雑になっている時代だからこそ、FP2級の資格もこれらの一般の民間企業とは違う大規模な組織でも評価されるようになっているみたいですね。
さらに。「就職ができそうな業界」の話と別にFP2級やAFPの資格を使って活躍できるチャンスもご紹介しますね。

・セミナーや講師の仕事

単発になることのほうが多いとは思いますけど、たとえば上に書いた自治体や労組や医療機関等に請われてライフプランニングのようなテーマで講義を依頼される人たちがけっこう増えています!

・特に業界の区別なく、企業の人事や経理部門での仕事

企業の規模も関係ありますけど、大きな企業の人事や経理の部門だったらFP2級の資格がある人を求める例が増えているようです。「企業内FP」は今までいませんでしたけどこれからの日本では増加するんじゃないでしょうか。

・・・まだ珍しい例も混ぜたんですけどこれは、FP2級の資格がとにかくチャンスに恵まれた資格で、ただの就職で終わるんじゃなく、工夫するだけで新手の可能性が開けることがわかっているからなんです。
前のページまでに書いた方法を使って、早くFP2級に受かって就職やキャリア向上に取り掛かってほしいですね!