FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級の勉強費用を、教育訓練給付制度で安上がりに

FP2級を勉強するなら、なるべく時間もコストも最小限に抑えるのが賢い受験者というもの。無駄に時間やコストをかける理由はどこにもありません。元来、FP2級は4ヶ月くらいの集中的な受験対策をもってすれば、特に頭脳明晰な志望者でなくてもクリア可能です。

勉強の費用も、使える手段があればどしどし使って安上がりにしてOKなわけです(ただし、必要不可欠なものに費用を出し渋るのは大間違いですが)。

それではどんな手段がありうるでしょうか? 学校や通信講座の世界で近年、とても流行っているシステムに「教育訓練給付制度」があります。

この教育訓練給付制度とは、ハローワークで申し込みや手続きができる制度です。失業経験のある人の間ではおなじみの制度で、働いていた時期にきちんと失業手当を納めていた人に与えられる一種の特典です。
教育訓練給付制度の趣旨は、失業した勤労者の雇用を促進するために、さまざまな技能の習得を経済面から支援する、といったものですね。

実際にFP2級およびAFPの通学・通信講座においても、教育訓練給付制度を使えるところは毎年のように増えています。誰でも使えるわけではありませんが、利用可能と認められれば、その講座の受講にかかった費用の一部(2割)をあとで補ってもらえます。

FP2級とAFPの講座の受講料も、どこで受けるかによって大きく変わりますね。安くても優秀なところを選んだ場合は、10万円以内でほぼ確実に間に合うはずですが、それでも5万円以上は覚悟しないといけないでしょう。そんなときに、この制度を使えるならぜひ使ったほうが得ですね。