FP2級合格後に、独立した先駆者たちの道筋とは

FP2級合格者の中から、独立して羽ばたいた人たちとは

FPの世界では、企業に所属して活躍することが常識となっています。FPは米国等で発展してきた資格で、その本家本元の土地ではまた事情が違うのですが。

日本には日本独特の風土がありますから、米国なんかと違うコースをたどってきたのも当然のことでしょう。
その違いには「独立型のFPがまだ少ない」という点を含んでいます。

しかしFPの資格が日本ではまだ比較的短めだったことは、計算に入れておかないといけません。

しかし日本でもすでに、独立しているFPはいます。独立にも種類がありまして、

  • 法人化しているパターン
  • 個人事業主のような立場をとっているパターン

に、二分されます。
どちらの場合でも「自分が社長」のような感覚になることは事実ですね。

肝心の、独立したFPの仕事内容ですが、これは次の2通りに集約されるようです。

  1. クライアントのために、財務計画を作成・提案したり資産運用等のアドバイザーとして活動したりする
  2. 金融関係の商品やサービスの紹介やあっせんを行い、契約が成立したときに提供元から手数料等を受け取る

どちらにしても、企業の中で勤務するFPと原理はかなり似ているといえますね。

ちなみに今までの日本の独立したFPは、上記の1.や2.の仕事をするにしても同じジャンルでばかり活動してきたきらいはありました。それは「保険」ですね。

特に生命保険については、好む人が多いです。もっともそれには理由があり、日本には生保に加入している人がかなり多く、生保に関する相談に乗ったりアドバイスをしたり、そして現状よりもよい生保を紹介したりすることで、それなりの成果を出せてきたからです。

これからのFPも、たくさんの人数が保険を仕事の中心に据えることになりそうです。しかし、新しいジャンルの仕事を選ぶ人が今後増えていくこともまた事実でしょう。