FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級を取って就職! 企業内で働くなら将来の年収は? 

「FPの年収は、いったいいくらなのか?」そのクエスチョンの答えを知りたくてたまらない気分になった人はあちこちにいるんじゃないでしょうか? 
やっぱり、FPの仕事に興味を持った人の大半は、一度はその疑問を持つんじゃないでしょうか。

「FPの年収」のデータって、花形資格・花形職業なのに調査が少ないらしいんですね。調査をやりにくい事情があるんだろうとは思いますけど。

まあ、FPになりたての頃の年収だったら、もっとはっきりしています。FP2級やAFPを使って正社員になったころですね。そのころの年収は300万円くらいでしょう。
たいしたことない年収に見えそうですけど、そりゃ仕方ありません。入ってきたばかりって、どんなお仕事でも年収が少なくて当たり前です。

そのまま企業内のFPとして働くなら、年功序列に近い形で(まあ、無能だと思われたら、下手すると最後にはリストラされるかもしれないですけど)長く働けばその分年収は上がります。

じゃ、どれくらい年収が高くなるのか? 年収はたいてい、600~700万円くらいにはなるかも? 

しかしそのためには、

・FP1級やCFPまで取得して高いスキルを駆使して働く

・役職をどんどんグレードアップさせていき、部下を上手に使える上司になる

といった条件が必須でしょう。
もちろんがんばりしだいでは、800万円以上になる人だっているわけです。
また、業界内での転職に成功して、上に書いたポイントも全部クリアしたら、普通の企業の上層部と同様の年収にはなるでしょう。1000~1500万円クラスになることだって可能性としては残ります!