FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級を取って就職! 独立して働くなら将来の年収は? 

FPという職業は、旧が複雑に分かれている上に、ステップアップしていくにあたって実務経験が(途中から)必須となっています。
つまり、FPとしてキャリアをグレードアップしたいならかならずどこかの企業に就職して、何年も働かないといけません。

独立型FPはあちこちにいますけど、独立するまでに必ず数年以上の期間が必要というわけですね。そう考えると、一種の「設備投資」が必要な職業なんだって気づきます。まあその間、ちゃんとお給料はもらえるんですから、悪いもんじゃありませんけど。

それじゃ、やっと独立するチャンスが巡ってきたら、それまでの長い時間や費用を取り戻せるでしょうか? 独立後は、高い年収をもらえるようになるんでしょうか? 

結論から書くなら、「全員ではないんですよ」ってなっちゃいます。独立したら、それまでより年収が下がっちゃったという実話はあります。最悪のパターンなら、独立が失敗に終わったという顛末だってあります。失敗なら、独立のためにかかったお金は戻ってこないわけで、まあ危険がつきものってことですね。

でも失敗は、独立できる職業だったら絶対に避けて通れない道なんです。だから、そのことでFPの独立を否定する必要はないんです。それに、大きな失敗があるのと同時に、大きな成功だってあるんです。

じゃあその大きな成功を遂げたら、年収はどこまで増えるんでしょう? これは、なかなか年収を公表する独立型FPがいないんで、調べにくいそうですけど、1000万円クラスがいることは確かでしょう。

実際にそこまで行くのは当然簡単じゃありません。独立型FPになって、安定している人たちの年収は少なくとも500万円はありそうですが、そこから先は本当に、本人の努力や才覚しだいになります。心して取り掛かるべきですね。