FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級の試験日はいったいいつなのか?

FP2級は難易度がそこそこの試験で、まあ楽ってわけじゃないですけど、受かったらその後の就職がだいぶ前進すると思ってもいいラッキーな資格です。
そんなFP2級、試験を受けることに決めたならどんなふうに試験をやっているのか知らないといけませんよね。

FP2級の試験日ですけど次のようになっています。

試験日 1月・5月・9月
書類請求期間 試験日の3~4ヶ月前から約1ヶ月半~2ヶ月後まで
出願期間 試験日の約2ヶ月前から約20日間
合格発表 約1ヶ月半後
科目スケジュール 学科試験(10:00~12:00)・実技試験(13:00~15:00)

FP2級は年に3回も試験日があるんで、受けるチャンスが年に3回もやってくることになりますよね?
それに申し込みをするときも、書類を取り寄せる期間も申し込みをする期間もけっこう広くなっているように見えます。FP2級って、とにかく便利な試験だなって意見もあります、実際に。

でもそれが難点かもしれないですね。年に1回しか試験日がない資格と違うので、FP2級の受験者は「次落ちても、またその次の試験日までに勉強を終わらせればいいや」なんて考えてFP2級の勉強に身が入らなくてドロップアウトしてしまうケースがけっこうありますから
(まあ、試験の申し込みを逃してしまうというケースに比べたらマシでしょうけどね…
実はこれもけっこうあります!「まだ大丈夫」なーんて思っていると受験のチャンスを逃しますよ)!

試験をうまく解けないで終わってしまうことはやっぱりありますから、でも4ヶ月後にまた次の試験日があるからと思うとFP2級の受験勉強に対する態度が甘いものになってしまうという恐れがあるんですね。落ちたら来年まで待たされなくてもいいのはうれしいことですけど。
それに、FP2級受験資格のこともありますからいつまでも次の試験日までに受かればいい、なんて思っていてはいけないと思います。

もうひとつ大きなことは就職や転職のチャンスじゃないでしょうか。新卒採用に向けて就職活動をする学生だったら、いつまでにFP2級の資格を取らないといけないのかは決まっているでしょうし、何ヶ月も合格が遅れてしまうことはいいことじゃありません。
FP2級を目指すなら、試験日ひとつひとつを大事にしてくださいね。