FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級を使って就職をするときの裏ワザ!?

FP2級の試験に受かることで期待したいことはいったい何でしょうか???

多くの人たちが胸に抱いているその答えは・・・「キャリアを華やかにしたい」なんてものじゃないでしょうか?

FP2級の上にはFP1級もありますし、「(ただ就職するだけじゃなくて)金融のスペシャリストになりたい」だとか「金融とか経済のことを深く掘り下げて勉強していきたい」なんて、アカデミックなモチベーションをお持ちになる方もいるでしょうけど・・・大部分の人たちはそこまでのやる気がみなぎってるわけじゃなくてFP2級の資格をとって、近い将来の就職や転職を成功させたい、何か履歴書に大きく書ける資格がほしい、なんて
ものじゃないでしょうか?まあ、FP2級が評価される金融系の業界での就職や仕事に興味がある人は多いでしょうけど、それにしたって、「ファイナンシャルプランニングのトップになりたい」なんて決めちゃっている人はほとんどいないでしょう。

FP2級を使っての就職ですけど、実はただFP2級があるだけよりも「AFP」の資格があるほうが絶対に有利になります。今はFP2級とAFPを両方持っている人たちが金融や保険・不動産のような業界に多くなっている時代ですから、AFPの資格があることもFP2級と一緒に書類に明記できるようにしてきたいもんですね。

前のページでもちらっと書きましたが、AFPは試験があるわけではなく、認定研修を受けることでもらえる資格です。つまりFP2級ともFP3級ともまた違う方法でとることになりますけど、
ひとつひとつに時間をかけないようにするとはいっても、トータルにするとなんだか時間と手間がかかりそうなイメージになるんじゃないでしょうか?就職活動が有利になるのはいいですけど、FP2級の勉強の前後にそこまでやるのかと思うと気が滅入りそうですけども・・・

でももっといい方法もあります。実はFP2級の勉強をするときに、AFPのための勉強も一緒にできることがあります。
AFPの研修を受けられる場所は決まっていますけど、実は学校や通信講座のような、学習機関も(少しですけど)含まれているんですね。その特定の学校や通信講座でFP2級の勉強をすると、AFPの勉強も一緒にできて、FP2級に受かったときにAFPの資格も認められる(もちろん登録の手続きは必要ですよ)ような仕組みになっているんです!

これは時間が省けてものすごくお得だと思います。FP2級で就職を有利にするなら、こういう方法でAFPもセットでゲットできる手があることはよく覚えておいてほしいと思います。