FP2級の資格は難易度も手ごろ、そして受かってから入ってくるメリットも手ごろで、早く受かったほうがいい資格のトップです!その秘密を調べましょう!

目次

FP2級に、最短の勉強時間で受かる手は?

FP2級の難易度は、就職に役立つ資格の中ではたぶん高いほうじゃないと思います。
しかも年に受験のチャンスが3回もありますしね。勉強時間もあまりかけないでてきぱきとやって、FP2級にちゃっちゃっと受かっちゃいたいもんです!

FP2級の勉強時間はどれくらいかけるといいでしょうね?年に3回試験があるってことは、、、
まあ長めにとって、4ヶ月以上で受かるようにするのが模範的じゃないでしょうか。
FP2級の勉強時間は4ヶ月、まあ試験の申し込みができる期間のタイミングもありますから、
次の試験日まで4ヶ月以上使えることもあるでしょう(私も5ヶ月かけたかな)。
それくらいの勉強時間があればFP2級は、学科試験も実技試験も1回こっきりで受かると思っていいです。

しかし期間が決まってもそれだけじゃ駄目ですね。その間の勉強時間も大事ですけど1日2~3時間でもFP2級は受かると思ってもいいと思います。もちろん試験が迫ってきたらペースをもっと増やしてできる日は何時間もかけてほしいですけど最初はそれくらいのペースの勉強時間を守る予定でやってもFP2級合格は不可能じゃないです。

だけど。勉強時間は長さや量だけじゃなくて、中身の濃さが大事です・・・どうやるとFP2級合格の学力が身に付くでしょうか?独学してもなかなからちが明かないことはもう前のページに書いていますけど、学校や通信講座でベテランの先生に教えてもらうのがいちばんです。

先生に教えてもらうのは謝礼金がいりますから避けたいと思うでしょう?でもたったの数ヶ月だけの出費です。
数ヶ月だけの勉強時間を有効に使うためですし、それにいい先生をちゃんと選んでいればFP2級に受かります・・・
FP2級の勉強時間は短いんですけど、その間に必要な知識を身につけたり、問題演習を繰り返してすらすらと解答を連打していくコツを身につけたり、前回までの試験問題と解答を読み込んで傾向をつかんだり、、、
と、やらないといけないことがいっぱいあります。
限られている勉強時間をうまく使うためにも、一流の先生にFP2級の受かり方を教わることに
越した方法はないでしょう。

先生に習うといっても、最近はそんなにお金を取られないところもありますしね!
FP2級の勉強時間をMAXに短くするには、いい先生に教えてもらうことですね
(先生の選び方や講座の選び方は次で説明しましょう)。